エンジニアとして様々な経験を積んできた私が、さらにチャレンジして成長していける場

2016.10.31

カルテットへの入社を決めた理由

カルテットへ入社を決めた一番の理由は、不遜な言い方かもしれませんが、私自身が持っている力を全開で出していける仕事、職場だと感じたからです。

私はエンジニア歴もまあまあ長いので、過去にいろいろなプロジェクトを経験してきました。短納期の受託開発もあれば、ソフトウェア開発企業が自社でパッケージ製品を作りサービスと共に提供するというものまで様々です。その中でいろいろな技術的チャレンジもしてきました。ただ、多くのプロジェクトに関わる中で、次第に、本当にユーザーの問題を解決するというところまで手が届いていない、と感じることが増えてきました。これは、自分の開発したシステムの問題というよりも、開発に関わる立場やプロジェクトの成り立ちに原因があって、それを変えないことにはどうしようもないことでした。

カルテットには、まず本体の事業としてリスティング広告の運用代行があり、事業としてどんどん成長しています。システム開発部で開発しているLisketは、本体事業の効率を舞台裏で支える役目を担いつつ、社外のユーザーに向けてWebサービスとしても提供しています。

カルテットはこのような会社なので、まさに目の前にいるユーザーのために「システム」を考え、開発していく必要があります。事業とともに成長し続けるシステム作り、これができるということが、私がカルテットに入社する決め手でした。


現在の業務内容

今のカルテットの開発チームは、全員がエンジニアとしてのレベルが高いため、実装の詳細にまでわたるような細々としたことは、個人の裁量に任されています。このチームの中で特に私が担っている役割をあげるとすれば、Lisketというプロダクトの全体のアーキテクチャや方向性などを加味しつつ、それぞれのメンバーが持っている力や個性が上手く発揮されるように、タイミングなどをコントロールしながらタスクを割り振っていくことでしょうか。その他、他部署のメンバーとコミュニケーションをとったり、コードレビューと動作確認やリリース、運用におけるトラブル対応などなどをやりつつ、1開発者として機能の開発や修正もアクティブに行っています。

開発しているLisketというシステムには、リスティング広告の運用代行業務を補助する様々な機能を用意するという性格もあって、開発においては様々な種類の問題を扱います。外部サービスのAPIの利用、大規模なデータの取り扱い、DB応答の高速化、複雑なユーザーインターフェイスの構築などなど。大変ですが、力の見せ所がふんだんにあることは、エンジニアにとってとても幸せなことだと思います。


カルテットについて

システム開発の事から離れて、カルテットという会社についてですが、実はカルテットでは私が最年長なんです。堤社長やCTOの金本さんも私より年下ですし、毎年新卒の社員も入社してきて、とてもフレッシュな職場です。私は過去に、歳の離れた年下の同僚と働く機会がほとんどなかったので、とても新鮮ですね。

また、遅刻欠席の連絡のようなことから業務の連絡や相談事に至るまで、社内での情報の風通しがよくなる社風ができあがっていて、とても働きやすい会社だと思います。


今後やっていきたいこと

カルテットの開発チームは、少ない人数ながらメンバーに恵まれていて、それぞれのメンバーが何か特定の分野で私よりも圧倒的に詳しいというバランスになっています。しかし、それだからこそ、他のメンバーより半歩でも前に出られる何らかの分野を、このメンバーの中で持ち続けたいと強く思っています。そのためにも、自分自身で目の前のシステムの実装と格闘し続けるということが重要だと考えています。

この記事を読んだ方がカルテットの一員になって一緒に働くことになった時にも、依然として、私は1開発者として実装と格闘することを続けていたいですね。そして願わくば、実装に根ざした実のある設計議論を、一緒に交わせることを楽しみにしています。


前ページへ戻る