技術的な問題は本質から解決し、実装のスピードとメンテナンス性維持の両立を妥協しない

2016.10.31

カルテットへの入社を決めた理由

残業が少ないことと、開発環境がモダンで、さらに積極的に改善していこうという風土があるところです。

自分は技術志向が強い人間なので、究極的には、業務時間内も勉強になって、拘束時間も短く業務後も勉強する時間がある事が理想なんですが、正直、業務時間内も勉強になる環境なんてそうそうないと感じているので、カルテットのように新技術の導入にアレルギーがなく、技術で問題を解決しようという意識が根付いている環境はありがたいです。

PHPの会社でこれだけモダンな環境はあまりないと思いますし、新技術であっても導入する合理的な理由があればちゃんと採用してもらえます。残業が少なく自由な時間も多く取れるので、勉強したい派のプログラマにはぴったりの職場だと思います。


現在の業務内容

アプリケーションの開発に加えて、技術面のバックアップをしています。新技術の導入や、導入のための下地作り、技術的な問題の本質的解決等です。

問題の本質的な解決は特に、継続的に開発する事の複雑性を上げないために重要視しています。メンテナンス性の高い状態を保ち、チーム全員が本来やるべき仕事にフォーカスできる事が効率的だという考えです。

実装に時間をかけずメンテナンス性の高さを維持し続ける事は簡単な事ではないですが、そこが腕の見せ所だと思っています。両立させてこそ意味のあるものだと思うので、そこにやりがいを感じています。


カルテットについて

クレバーな働き方という言葉が社内でよく聞かれるのですが、その方向性が好きです。

気合いでなんとかする事も時には必要だとは思いますが、知恵を使って仕事を効率よく片付ける事の方がイケてるなと。それに、そういう方向性なので、必ずしも「残業している=頑張っている」ではない、という文化なのも嬉しいですね。

できれば欧米諸国のように長期のバカンスなどがあれば最高ですが(笑)、こういう方向性の会社でないとそもそもそんな夢すら見られないので、働き方を改善していける環境だというだけですごくいいなと思います。


今後やっていきたいこと

技術で解決できる雑事はどんどん解決して、よりアグレッシブに業務の効率化を求めていきたいです。

余裕がない状態では最低限の要件の実装だけでいっぱいいっぱいになってしまうので、効率化を図って余裕を生み出し、要件の範囲を超えたユーザビリティの向上などに時間を割り当てられるようになれば、ユーザー満足度ももっと上げていけるのではないかなと考えています。

そういう意味では「効率=クオリティ」なのではないのかなと。プロダクトの価値を高めていくためにも、より積極的に効率化を進めていきたいと思います。


前ページへ戻る