オンオフの切替で仕事が充実

RISA TEROUCHI

営業担当手呂内 理沙

なぜ営業職を選んだのですか?

「リスティング広告の魅力を、自分を通して様々な人に知ってもらいたい」と思ったからです。初めから営業職にこだわりがあったわけではありません。就職活動中に”リスティング広告”を知り、商品そのものに魅力を感じました。リスティング広告は、ターゲットを絞って配信するため、無駄な費用をかけずにすむ新しい広告の形です。世の中にも需要があり、今後も育っていく可能性を感じました。「もっと多くの人に、リスティング広告を知ってもらうきっかけづくりをしたい」という気持ちから、お客様との距離が近い、営業職を希望しました。

カルテットの魅力は何ですか?

業務面では、「すべてのアカウントに対して、丁寧な運用を可能にするシステムが構築されている」という点だと思います。予算の大小に関わらず、全てのお客様を大事にするということは、当たり前ですが、なかなか難しいことです。それを可能にしている弊社の仕組みと工夫には誇りを持っています。また、仕事をしやすい環境が整っていることが魅力の1つです。残業やノルマに悩まされることなく、プライベートの時間を十分にとることができます。結婚や出産に伴う休暇、時短勤務などもとりやすい環境にあるので、労働環境にめぐまれていると感じています。

今後も育っていく可能性があるリスティング広告を知ってもらうきっかけづくりをしたい

カルテットの営業をするうえで心がけていることは何ですか?

”弊社ならではの強み”や”他代理店にはないメリット”を、的確に伝えることを心がけています。プッシュ営業が一切ないため、ご相談を頂けるお客様は、ある程度弊社の基本情報を知っている場合が多いです。そのため、HPに記載されていない魅力や特徴を、しっかり理解していただけるように営業をしています。特に多くのお客様に高評価を頂けるのは、”運用担当者と直接話せること”と、”少額案件でも引き受けてくれること”ですね。お客様が抱えている不安を取り除くことが営業の役目だと思っているので、リスティング広告や、弊社のことをしっかり理解して頂けるようにしています。

残業時間の少ない手呂内さんですが、その秘訣は何ですか?

しっかりとタスク管理をすることです。私は、月次・週次・日次でタスク管理をしていて、緊急な案件にも対応できるように、余裕をもってスケジュールの調整を行っています。また、プライベートを充実させることも大切かもしれません。私の場合、仕事終わりになるべく予定や趣味の時間を入れています。「定時までに終わらせよう」と思い、だらだらすることなく、メリハリをつけて働くことが出来ています。プライベートが充実しているからこそ、仕事もがんばれると思っています。これからも、仕事とプライベートで良い循環をつくっていきたいです。

営業って楽しい!と思う瞬間はどんなときですか?

お客様に、「カルテットっていい会社だね」「手呂内さんに営業してもらえて良かったよ」と言っていただけたときは、とても嬉しかったです。特に、会社自体を褒めていただけるということは、それだけ会社のシステムがしっかりしているからこそだと思っています。お客様からお褒めいただいたり、弊社の魅力を直接共有できることは、営業冥利に尽きると感じます。また、プッシュ営業と比べて精神的にも優しい点が多いと思います。絶対的な数値に悩まされることはなく、コンペ等も「絶対に勝たなきゃいけない」という変なプレッシャーもないので、やりやすいなと感じています。

今後、どういった方に入社していただきたいですか?

チームワークを大切にしたい方に、入社していただきたいと思っています。弊社の営業は、プッシュ営業やノルマを一切していません。その分、お客様への提案や、資料作成にしっかりと時間をかけることが出来ます。分からないことや、難しい商材がある時は、営業部・コンサルティング部ともに協力しながら、提案を練ることが出来ます。営業は、喋りが達者かどうかではなく、自社の商材を自信をもって提案できるかどうか、が大切だと思います。弊社の「ノリが良く、固すぎない社風」が好きで、自社の商材に自信が持てる人と一緒に働きたいと思っています。

エントリーはこちら

新卒エントリー中途エントリー
Copyright 2018 株式会社カルテットコミュニケーションズ採用特設サイト