賢い働き方を見せチームに効率を

コンサルティング部 マネージャー 2012年中途入社

松原 充

カルテットの魅力はなんですか?

弊社の魅力は、お客様の目標に対して適切な広告費や配信手法を探るために、運用者自らが一番利益が出やすい提案をすることが是とされていることですね。1人1人のお客様とできるだけ長く付き合っていくことで、利益を出して一緒に成長していこう、というスタンスでやっています。そのために努力していくのが弊社のやり方ですし、同時に魅力であるとも感じています。
また、社内には他の人の良い所を見つけ、褒め合う「イイね!」という文化があります。これによって日頃から人の良い所を探そうという考え方が根付き、周りを見る視野が広がったように感じます。仕事にもこの考え方は活きるところがあり、このような文化があるところも魅力です。

マネージャーとして心がけていることは何ですか?

何でも出来るスーパーマンはいません。出来ない事がいっぱいあって、それをチームで補い合っていく必要があります。もちろん人によって得手不得手があり、マネージャーはその得手不得手を見極めて仕事を分割し、最適に割り振る事で成果を最大化させる事が本質だと考えています。
彼らの得手不得手を見極めるためには積極的にコミュニケーションを取り、チャレンジさせてみることが重要だと感じています。チームメンバーを抜擢して難しい領域にチャレンジさせるのはマネージャーにしかできない仕事です。

「忘己利他」に共感できる方の入社を是非心待ちにしています!

運用者としてのやりがいはなんですか?

知識欲を満たせば満たすほど、お客様のためになるところが面白くてやりがいがあると感じています。我々の仕事は、ただ単に広告の知識のみを身につければ良いわけではありません。様々な業界のお客様を担当していく中で、お客様の事業やサービスに対して常に新しい知識が必要になります。また、インターネット広告は日々進化しているため、常に新しいことにアンテナを張り、知識をどんどんつけていくことも必要です。その積み上げた知識、ノウハウを活かして更に売上に貢献出来るところにやりがいを感じます。
また、自分の考えた施策が当たり、計画通り成果に繋がった時も面白みを感じる瞬間です。もっと伸ばせる!と結果が見えているときは迷わず提案しますし、その提案がすんなり通るということは自分の考えにお客様が納得してくれているということなので、そんな時は「お客様の信頼を勝ち得たな」と感じやりがいにも繋がります。

カルテットで長年働いてきて、カルテットはどのように成長してきましたか?

会社の成長は業界の成長と共にあったように思います。
とりわけ、中小企業が利用するWEB広告の認知度の向上やそれに伴う利用度の向上と共にあったと言えます。例えば入社当時、中小企業のリマーケティング広告(サイトに訪れたユーザーを追いかける追跡型の広告)の認知度や使用機会はまだまだ少ない状況でしたが、1・2年後には多くの中小企業が当たり前に使うものになりました。このように、中小企業のお客様が認識する広告業界のツール、解決策の認識と一緒に成長してきたと思います。

カルテット入社の決め手は何でしたか?

まずは職種そのものです。元々広告に携わっていたのですがWEB広告は領域外でした。ただインターネットは好きだったこともあり、触ったことはなかったものの存在自体は知っていたリスティングにチャレンジしてみようという気持ちから入社しました。
次にベンチャー感です。中小企業を相手に小回りの利く対応が可能そうと思えた事、自分の意見が通りやすく組織を一緒に作っていけそうだと感じた事も入社の決めてです。

今後、どういった方に入社していただきたいですか?

仕事を楽しみたいと思ってくれる人と働きたいですね。
「楽しい仕事」でも「楽な仕事」でもなく「仕事を楽しむ」ことが出来る人が最も伸び代があります。仕事を楽しむのは言葉にするほど容易ではありません。辛いことや嫌なことはどんな仕事であっても必ず起こります。
そのときに業界への興味や職種そのものが好きであれば仕事を楽しめると思います。仕事を楽しめれば大きな成果を残せるはずです。

エントリーはこちら

新卒エントリー中途エントリー
Copyright 2018 株式会社カルテットコミュニケーションズ採用特設サイト