仕事のすべてを効率化

開発部 エンジニア 2018年中途

下田 敬祐

カルテットの魅力は何ですか?

「効率化」を掲げてミッションにしているところです。"自動化できるところは自動化して、人間にしか出来ない思考に充てる時間を十分確保できるようにする"という目標を会社全体で実践しているので、意思決定もロジカルですし、非常にエンジニア好みの組織だなと感じています。
あともう一点、「忘己利他」を掲げているおかげか、周りのために惜しみなく動ける人が集まっていて「お互いの居心地のよさ、働きやすさを尊重しよう」という前提が当たり前に浸透していることはとてもすごいと思います。

カルテット入社の決め手を教えてください。

ひとつは地方からのフルリモートワークという自由な働き方を認めてもらえたこと、もう一つは「エンジニアとして設計力を伸ばしたい」という自身の指向にもマッチしていたことです。
入社以前からカルテット開発部ブログをそれこそ教科書のように読んでおりまして、いつかこういった方たちと一緒に働けたらなぁ…と空想していたんですが、家庭の事情で関西地方へ生活拠点を移すことが決まっており、半ば諦めておりました。
ところがCTO金本から「そういう事情なら、フルリモートで良いので入社しませんか」とお誘いを頂き、これはまたとないチャンスだと二つ返事で入社を決めて今に至ります。笑

地方にいながら最先端のツール開発に携わることのできる環境

入社前と後のギャップはありましたか?

開発部のみならず、他部署の方々も総じてレベルがものすごく高いことにまずビックリしました。
ブログから伺い知れるアウトプットの質や量もそうなんですが、そもそものWeb知識やITリテラシーが高いレベルで共有されているので、日々の会話や仕様策定時などに細かく説明せずとも意図を汲んでもらえることが多く、意思疎通がとてもスムーズでストレスを感じません。
知識共有によって、風通しの良さやコミュニケーションの強さを実現している、というのはなかなか他で追従できることではないですし、入社してからとても驚いたことでした。

やりがいを教えてください。

入社前は「広告」という業界について全く知識がなかったのですが、業界全体としてまだまだレガシーなところや、無駄がありながらもマンパワーや資金の投入でやりくりしているような業態が多く、システムによる効率化や改善の余地がまだまだあるというところにやりがいを感じます。エンジニアリングなアプローチが刺さることがそれこそたくさんあるので、エンジニアとしての腕の見せどころといいますか。笑
やりたいことや改善できそうなこと、新しいことをアレコレ想像しながら日々の仕事ができる環境はやはり楽しいです。

エントリーはこちら

新卒エントリー中途エントリー
Copyright 2018 株式会社カルテットコミュニケーションズ採用特設サイト