「ナレッジワーカー」を全員・全力で楽しむ

コンサルティング部 部長 2013年中途

鈴木 達朗

部長として心がけていることはなんですか?

運用部門の長として、システムや仕組みだけでなく「気持ち」を大事にすることです。
この業界は本当に日進月歩で進化しており、そのスピードも本当に早いです。
弊社もそういった流れを乗りこなせるよう、Lisketや教育カリキュラムをはじめ様々なシステムや仕組みを構築しておりますが、それらをうまくプランニングするのは結局「人」だと考えます。そして人間である以上感情の生き物ですから、気持ちは切っても切り離せません。
弊社の提供しているサービスもつまるところ人と人との繋がりで成り立っておりますし、お客様からの信頼の気持ちや、社内メンバーがそれに応えようと真摯に取り組む気持ち、困難を乗り越えるため諦めずに前に進もうという気持ちなど、関わる方々の様々なシーンにおける「前向きな気持ち」を大事にしながら仕事に取り組む姿勢を是としています。また、そういったマインドを部下達に伝播していけるような部長であろうと日々努力しています。

カルテットの魅力はなんですか?

若いメンバーが、自らの意思をもって活躍しているところです。
もちろん会社の方針に則っている前提ですが、参加したい!
という意識さえあれば、若手が抜擢されるチャンスがあり、活躍できるフィールドというのは、それだけで魅力であると考えます。
私自身、前職は営業でしたので、運用者として未経験で入社、0から経験を積み、管理職になれました。
ベンチャー企業で幹部クラスになることを見据えて転職し、早いうちから努力しておいて良かったです(笑)
同じようにキャリアを切り拓いている若手メンバーも増えてきましたし、日々の変化が楽しみです。

社の方針に共感し・・・全力で自走できるメンバー、求む!

運用者としてのやりがいはなんですか?

頭を使える仕事だということです。あくまで私の価値観ではありますが笑
人間と動物の大きな違いが脳の各種機能の有無や大きさであるのなら、頭をちゃんと使うことが大事だと考えています。
運用者として担当させて頂くお客様とのコミュニケーション1つとっても、ただ話すだけではなく、しっかり頭を使って「如何に価値を感じてもらえるか?」ということが重要ですし、運用でも「どうすればより良い配信が出来るか、成果を出せるか?」ということに頭を使います。残業が少ないのもウリの1つですが、仕事が少ないわけではないので日々のタスクコントロールをどうこなせば時間に収められるか?というのにも頭を使いますね。
そういった頭を使う仕事をし続けられるというのがやりがいの原点にあるように感じています。

カルテットで長年働いてきて、カルテットはどのように成長していきましたか?

手前味噌ですが「右肩上がり」というのが率直なイメージです。
入社から多少の波はあれど、売上高・人員数いずれも成長中。
正直なところ、ビッグウェーブに乗っていて、気づいたらここまで拡大していた・・・
というような感覚ですね(笑)
その中でも、過去から現在に至るまで揺るぎないのは「忘己利他」に代表される、フォローの精神です。
人が増えようが、根本のマインドは変わりません。
それがスタッフ間でも、クライアント様に対しても自然に生まれる風土が維持されています。
そういったカルテットの本質的な良さを、無くさず伝えていきたいです。

今後、どういった方に入社して頂きたいですか?

「効率化」を正しく捉え、実行できる方です。
弊社のいう「効率化」は、仕事を受けない、単純量を減らす、という意味ではありません。
受ける前提で、更に拡大するためには?を考える、という方向性です。
意味を履き違えると、こなし型のマニュアルワーカーになります。
今後マニュアルワーク分野はロボット・AIがリードしていくと思います。
だからこそ「人間が対応する価値」が重要。
それを自分なりに咀嚼し行動に移せる、ナレッジワーカー気質の方なら、効率化を誤ることはないはず。
一見難しいですが「指示待ちではなく、自ら考え動ける」方は素質アリです!

エントリーはこちら

新卒エントリー中途エントリー
Copyright 2020 株式会社カルテットコミュニケーションズ採用特設サイト