効率的に賢く働く

経営企画部 2014年中途

安富 健

カルテットの魅力は何ですか?

カルテットは優しくて情熱があって真面目な人が多いと感じます。会社は人で成り立っていると思いますので、そういった魅力的な人が集まっているのがまず魅力かなと。
「1件1件運動」という行動指針があるのですが、これは広告予算の規模問わず、お客様・案件を大事にしよう、ということを表しています。この言葉はカルテットらしいなと思います。
また広告業界でありながら、残業時間が少ないことも社外の人から驚かれます。効率的に働くことが求められますので単純に楽という意味ではないのですが、その分頭を使って仕事を進める必要性がある点も個人的には好きなポイントです。
一方で、仕事に対峙するときの情熱さも持ち合わせる会社だと思いますので、ロジカルとパッションのバランスが両立しているのは素晴らしいなと思います。

入社の決め手

「リスティング広告をしっかりとやりたい」、といった思いから名古屋にある専業の代理店であるカルテットに入社しました。
前職で様々な広告媒体に触れましたが、その中でもリスティング広告に強い魅力を感じていました。当時は専業の会社もまだまだ少ない時代でしたので、カルテットのように特化している代理店は貴重でした。
今ではリスティング専業の代理店も増えてきましたが、カルテットのように展望をもった会社はなかなか無いと思います。

やりがいを持って、楽しく働く

カルテットで働いてきて、カルテットはどのように成長してきましたか?

中途入社しかいなかった時代にカルテットに参画しました。今では新卒入社した人数も多くなり、ずいぶんとにぎやかになりました。
大学卒業したての新人が、数年経った今では第一線でバリバリ働いている姿をみると、感慨深いものがあります。(笑)
率直に、カルテットは変化が多い会社だと思います。そういった変化があったからこそ、成長を続けて来られたと思います。

今後どういった方に入社していただきたいですか?

マーケティングが好きなこと。これに尽きると思います。
数字をたくさんみて判断する仕事ではあるので、数字に強い・ロジカルに考えられる等は欲しい素養ですが、それだけでは十分ではありません。
私達の会社はリスティング広告をはじめとするWeb広告の運用代理店ですが、なぜ広告を配信するのか、その意図や目的を理解した上で広告運用に臨める人のほうがこの仕事に向いています。
そのためには、マーケティングが好きであることは必要な条件だと思います。
一言でマーケティングといっても、理論が好きというより、身近なことに疑問を持ち自分なりの仮説を持てる、といったニュアンスが近いです。

またWeb業界は年単位ではなくもっと短いスパンで大きな変化がありますので、常に何が最善かを模索し続ける必要があります。
そういった意味では、ポジティブに変化を楽しめる人がWeb業界には向いています。

エントリーはこちら

新卒エントリー 中途エントリー
Copyright 2021 株式会社カルテットコミュニケーションズ採用特設サイト